So-net無料ブログ作成

【迷場面0139】ものすごい馬鹿がいた。 [化物語]


化物語(下) (講談社BOX)

化物語(下) (講談社BOX)

  • 作者: 西尾 維新
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 全く、と呆れたように言う八九寺。
「忙しいなんて言葉は時間配分ができない人間の言い訳ですよ、阿良々木さん。その気になれば、学校の休み時間でも、参考書を見ることはできたはずです。勉強は授業中、あるいは家でするものである、などという先入観、固定観念が、阿良々木さんを縛っているのです」
「おお……なんかいいこと言ってるな」
 うん。
 それもまた、その通りである。
「八九寺、僕は今までお前のことを、根っから頭の悪い子供だと誤解していたのかもしれないが、お前ひょっとして、ちゃんとお勉強とか、できる奴なのか? 前に成績はよくないとか言ってたけど、あれはあくまで僕に気を遣った謙遜で……」
「さあ……勉強したことがないからわかりません」
「………………」
 ものすごい馬鹿がいた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
八九寺真宵×阿良々木暦
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「化物語(下)」
(西尾維新著、講談社BOX刊)
「第五話 つばさキャット」(P.252)より
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 繰り返しますが、少女八九寺、小学五年生です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。