So-net無料ブログ作成

【迷場面0140】「適当極まりねえ!」 [化物語]


化物語(下) (講談社BOX)

化物語(下) (講談社BOX)

  • 作者: 西尾 維新
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


「私はこの生涯を、阿良々木先輩に捧げると誓ったのだ。戦場ヶ原先輩との仲を取り持ってくれたからというのではない。阿良々木先輩がそうするに値する人だと思うから、そう誓ったのだ」
「誓った、か……」
「ああ。常に人々を照らし、恵みを与え続けるあの太陽に誓おうかと思ったが、そう思ったのが夜だったので、とりあえずその辺の街灯に誓っておいた」
「適当極まりねえ!」
「街灯だって人々を照らし、恵みを与え続けているではないか。街灯がなかったら大変だぞ?」
「そりゃそうだけど……」
 せめて月に誓えよ。
 曇っていたのか?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
神原駿河×阿良々木暦
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「化物語(下)」
(西尾維新著、講談社BOX刊)
「第四話 なでこスネイク」(P.28~29)より
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 縦に割れるカーブというか高速フォークというか……。出だしからオチまでの落差がすごい、です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。